テレビ番組

なんでも鑑定団日本のゴッホと呼ばれる人は誰?どんな作品がある?5/19

今回の記事では、なんでも鑑定団にて日本のゴッホと呼ばれる画家の正体について書いていきます。

なんでも鑑定団日本のゴッホと呼ばれる人は誰?

 

実際に番組で日本のゴッホと呼ばれる人が誰なのかは、番組みないと分かりませんでした。。。

ですが、Googleにて、「日本のゴッホ」とリサーチし結果棟方志功さんという方が、ヒットしました。

 

棟方志功プロフィール

棟方 志功(むなかた しこう、1903年(明治36年)9月5日 – 1975年(昭和50年)9月13日)は、日本の板画家。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。

青森県出身。川上澄生の版画「初夏の風」を見た感激で、版画家になることを決意
1942年(昭和17年)以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

少年時代にゴッホの絵画に出会い感動し、「ゴッホになる」と芸術家を目指した(友人たちとの会話の中で「大きくなったらお前は何になりたいか」の問いに「私だったら絵描きになりたい」と言ったそうです。

一部引用:Wikipedia

 

こちらはあくまで予想ですので、参考程度でみてください。

なんでも鑑定団日本のゴッホと呼ばれる画家はどんな作品を描いてる?

 

https://twitter.com/gentiane987/status/1260754488018653185

 

 

 

こちらも番組をみないと、分かりません….

情報が入り次第、追記します

 

 

なんでも鑑定団日本のゴッホと呼ばれる人は誰?どんな作品がある?5/19のまとめ

なんでも鑑定団日本のゴッホと呼ばれる人は誰?どんな作品がある?5/19の記事は、これで終わりです。

新しい情報がはいり次第、追記します。