Twitterの話題

アベノマスク がまだ届かない!いつ届くの? 製造元はどこ? 

少し前に、安倍総理が約400億円を使って一家に2枚の布マスクを配るという取り組みをはすると公表し、話題になりました。

でもそのアベノマスクまだ届いてない。という方が多いようです。

という訳で今回は、「アベノマスク がまだ届かない!いつ届くの? 製造元はどこ?」に関する記事になります。

アベノマスク がまだ届かない!

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が打ち出し、全世帯に2枚ずつ配布するとした布製マスクの都道府県別の配布状況を厚生労働省が公表している。【小笠原 遥/ハフポスト日本版】

それによると、大型連休が明けた5月7日の時点で、東京都以外の46の全ての道府県で「準備中」となっていて、ほとんどの国民に未だ届いていないことが分かった。

厚生労働省が公式サイトで公表している『布製マスクの都道府県別配布状況』には、東京都以外の46の全ての都道府県で「準備中」と表示されている。

また、「準備中」の都道府県については、「日々、生産・配達状況が変動するため、お届け予定日程は前後いたします」「感染者数が多い都道府県から順に配布いたしますので、地域によって配布の時期が異なりますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます」とお断りが書かれている。

布製マスクの配布は安倍首相が4月1日に自ら表明したもので、466億円もの予算を計上して実施している対応策。

感染者数が最も多い東京都に関しては、4月17日に配布が始まった。

布マスクはまず、全戸への配布に先立って妊婦に優先的に配られていたが、配布されたマスクからカビや髪の毛の混入といった欠陥が相次いで発覚。

その後、全世帯向けに作られた布マスクにも検品段階で同様の不良が見つかり、マスクを納入した4社のうち興和と伊藤忠商事は4月23日、未配布分を全て回収すると発表していた。

配布の表明以降、1ヶ月以上が経過しても全国に行き渡らないマスクについては、野党をはじめとする国会議員からも批判が出ている。

社民党の福島みずほ参院議員は7日、Twitterで「自動のPCR検査機は1億円だと厚生労働省が言いました。安倍総理の2枚の布マスクは466億円ですから、466機買えるではないですか。各県に1機でも47億円。10分の1の費用で、自動の検査機を各県に置けるのです。こっちの方にこそ税金を使うべきです」と発信し、政府の税金の使途を批判していた。

Twitterでは「布製マスクの都道府県別全戸配布状況」がトレンド入りし、「毎日いつ届くかチェックしていたのに、なんだ準備中か」「結局東京都以外に配られてないんじゃん」「マスクが全ての世帯に届く頃には収束しているのでは。それならPCR検査の検査数を増やして欲しい」などと様々な声があがっていた。

引用:Yahoo!ニュース

 

というようなニュースが入りましたね。

このニュースを見た人のコメント↓

==============

準備中ならもう中止でいい。ウイルス防止の効果はないし、今マスクは手作りとか不織布マスクも市場に出てきてるし、欲しい人だけ役所に電話でいい。マスクの検品代や郵送代にお金や時間をかける意味がない。マスクの準備をしてる職員を、保健所に派遣して、PCRの統計など調査要員にした方がよっぽど感染防止に役立つ。

==============

いやいや、東京だけど届いてないです。
もう、普通にドラッグストアでも買えるようになってきてます。
ホント、税金の無駄遣いですね。
というか、単にわけのわからない企業への
利益供与だったのではないでしょうか。

この件に関しては、珍しく福島さんの意見に賛成です。
400億円以上も税金をどぶに捨てるような使い方をするんだったら、
各都道府県に検査機を10機置いたほうがどれだけよかったか。
検査機に限らず、もっと医療従事者の人たちに役立つような
使い道もあったでしょう。
なんでこの「マスク」だけ、首相が独断で決めたのか
いまだに謎です。
ちゃんと説明してほしいです

==============

今更マスクは要らないと思う人は私だけではないと思う 社民党は嫌いだが、福島さんの言う様に現在でもマスクの費用を他に回せるのであれば他のコロナ対策に使って欲しい

==============

アベノマスク届いたけど、やはり使えない。コロナ記念に取って置くぐらいのもの。官邸官僚の利得に使われた466億円、医療対策に使っていれば、どれだけ多くの命を救えたか!安倍のコロナ対策は、世界の失笑を買うばかりか、PCR検査の少なさで批判を浴びている。国民の不幸は、まだまだ続く。

==============

通勤列車や街中やスーパーなどで9割以上と思えるぐらいのマスク着用率の中で、マスク不足は解消されてるんじゃないかと思う。

さらには高値で売られているマスクも価格が下がり始めている。

アベノマスクが行き届いた時は既に遅しで、ホームセンターなどで通常通り山積みの安売り状態だろうと思う。

===============

というような感じで、怒りの意見がかなり見られましたね。

あれだけ、スピードスピード言ってる割りにはいまだ準備中だなんて….大丈夫? と思います。

一か月前はマスク不足で困ってる人が多かったようですが、現在はマスク問題に関しては解決してる地域が多いようですね。

アベノマスクはいつ届くの?

 

そんなアベノマスクがいつ届くの?という疑問に関してですが、感染者の多い都道府県から先に配る。 という事らしいですが、どうやら東京にもまだ届いてない世帯があるらしいです….

厚労省には、「いつマスクは発送されますか?」との問い合わせが多数よせられているそうです。

 

 

アベノマスク の製造元はどこ?

アベノマスクの製造元についてですが、興和株式会社という会社のものらしいです。

繊維、医薬品などのヘルスケア商品、光学関連の商品を製造、販売している。前身の「服部兼三郎商店」時代に豊田佐吉の自動織機開発を支援していた名門企業。興和グループの統括会社。グループ内には、兄弟会社として、興和紡株式会社、直結子会社として、興和新薬株式会社、興和創薬株式会社等がある。

医薬事業では、「コルゲンコーワ」や「キャベジンコーワ」などの商品を製造、販売しており、医薬品のテレビCMは、全国の民放テレビ局(一部の局除く)でスポット主体で放映されており、他社と比べ放映回数も多いことから、同社の認知度向上に一役買っている。なお番組提供に関しては、ごく最近まではテレビ、ラジオのレギュラー番組で、スポンサー契約を行ったものが数本存在し、年末年始などの特番で番組提供を行う程度となっていたが、2012年4月からは一社提供番組のスポンサーに入るようになる(提供番組の節を参照)。

光学機器メーカーとしては「PROMINAR」ブランドのカメラ用レンズや、観光地用の望遠鏡などが主力製品。あわせて送、映像機器の製造、販売も行っており、全国のNHK、民放テレビ、ラジオ局で使われている。

引用:Wikipedia

 

 

 

ツイッターでも製造元に関するツイートをしている方がいますね。

 

アベノマスク がまだ届かない!いつ届くの? 製造元はどこ? のまとめ

アベノマスク がまだ届かない!いつ届くの? 製造元はどこ? の記事はこれで終わりです。

配るならさっさと配ってほしいものですね。 にしても400億円って….

国のリーダーの決めた事なので、反発はできませんがもう少し賢い選択ができたのでは? と思います。