最近の話題

新型コロナウイルスの症状は??潜伏期間も把握しよう。

最近ニュースで頻繁に取り上げられる話題と言えば、コロナウイルスですよね。
感染力がとても強く、日本国内でも感染者の報告は毎日報道されています。
「私は大丈夫」と思っていても症状が良く分かってなければ分かりようが無いですよね。

新型コロナウイルスとは

コロナウイルスとは

一般に呼吸器疾患の原因となる多数のウイルスの事をコロナウイルス科と呼ぶそうです。

コロナウイルス科には、風邪の原因となるウイルスや重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)の原因となるウイルスが含まれています。

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスとは、現在まで人から検出されなかった新しいコロナウイルス株の事を指します。

要するに、今まで人間から見つからなかったコロナウイルスが最近見つかってそれをコロナウイルスと呼んでいるという訳なんです。

 

新型コロナウイルスの症状は?

新型コロナウイルスの症状は、発熱(37.5℃以上)、喉の痛み、咳、痰、胸の不快感等、が例として挙げられますが、感染者の中にはこれらの症状が出ない方も報告されています。
ですが、急激に呼吸困難などの重篤な症状があらわれて、最悪亡くなってしまうしまうケースも報告されています。

ちなみに日本国内では、普通の風邪かと思ったら実はコロナウイルスに感染しており、強い倦怠感があるというケースが多いようです。

また、下痢や吐き気、頭痛といった一見関連のなさそうな症状が現れることも多いとの報告もありはっきりとした判断がなかなか難しいのが難点です。

新型コロナウイルスの潜伏期間は??

WHOの知見によると、コロナウイルスの潜伏期間は最低1日最長13日程度(多いのは5日かた6日)とされています。

 

まとめ

今回は新型コロナウイルスの症状と、潜伏期間についてまとめました。
一般的な風邪の症状と似ている場合や、殆ど症状が出ない場合もあるため自分が感染しているのかどうか分かりにくいウイルスだと感じました。

各メディアでも度々報道されていますが、少しでも体調が悪いなと感じたら、病院に行った方が自分のためにも、周囲の人のためにもなるのではないかと思います。

今後も気を付けましょう。