映画

映画「るろうに剣心 最終章 The Final The beginning」ネタバレ あらすじ 感想 「最新」

るろうに剣心最終章 The Final The beginning概要

るろうに剣心は、、和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とした日本の実写映画シリーズです。

第一作は、2012年8月25日に公開され、2014年に第二作、第三作目が公開されるなど、実写映画としては高い人気を誇る映画になります。

そして2020年には原作の「人誅編」を元にした、『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が7月3日 8月7日に公開予定になります!!



るろうに剣心最終章 The Final The beginning
キャスト

緋村剣心  佐藤健

神谷薫   武井咲

相楽左之助 青木崇高

高荷恵   蒼井優

斉藤一   江口洋介

ここまでのキャストは過去作と同様ですね。

そして明神弥彦役を演じるのは、新規キャストとして大西利空さんが抜擢されました!!

大西さんは2006年生まれで東京都出身です。

映画「キングダム」や、「3月のライオン」等、有名作品に出演した経験をもつ現在大活躍中の子役になります。

そして肝心の雪代緑役と、雪代巴役のキャスティングについてですが、

雪代緑役を、新真剣佑さんが演じ、雪代巴役を有村架純さんが抜擢されました。

お二人の画像があがっていたのでどうぞ↓

 

 

 

 

どちらも原作の雰囲気が出ており、良いキャスティングではないかと思います!!

るろうに剣心最終章 The Final The beginning
あらすじ

るろうに剣心最終章では、追憶編と、人誅編を中心に実写化されます。

追憶編では、緋村剣心がなぜ人斬り抜刀斎となり、後に不殺を誓ったのか?そしてトレードマークでもあるほほの傷の核心に迫っていく物語になります。

人誅編では、緋村剣心に恨みを持つ、雪代縁(ゆきしろ えにし)・鯨波兵庫(くじらなみ ひょうご)・戌亥番神(いぬい ばんじん)・乙和瓢湖(おとわ ひょうこ)・外印(げいん)・八ツ目無名異(やつめ むみょうい)の「六人の同志」が敵対します。
原作では、追憶編終了後から、最終巻のい28巻までに描かれています。
原作でも、この戦いは熾烈を極めており、映画でも最終巻にふさわしい凄まじいアクションと、人間ドラマに期待です。



るろうに剣心最終章 The Finalネタバレ

あらすじでもお話しましたが、「追憶編」と「人誅編」を中心にストーリーが展開されるでしょう!

情報入り次第、書き足します。

 

感想

映画公開次第、書き足します。