映画

映画「ぐらんぶる」のネタバレ あらすじ 感想【最新】

こんにちは!今回は、大人気のダイビング漫画、「ぐらんぶる」が実写で映画化されるので簡単にまとめた記事になります。

映画「ぐらんぶる」概要

映画「ぐらんぶる」は、スキューバダイビングをテーマにしながらも、ほとんどダイビングをせず酒を飲みまくる青春コメディ漫画を実写化した映画になります!

美しい海に囲まれた大学に進学した主人公伊織はキラキラのキャンパスライフを夢見ていた。ですが、オリエンテーションの朝、伊織は全裸だった。慌てる伊織は講堂内にいたイケメンオタクの耕平と出会い、何もかもがはっちゃけたダイビングサークルにたどりつくが…
放映ギリギリのほぼ全裸シーンを演じきった主演の竜星涼と犬飼貴丈や、ヒロインは乃木坂46の与田祐希が出演、監督は「映像研には手を出すな!」「東京リベンジャーズ」を手掛けた英勉が監督 !!



出演キャスト(登場人物)

北原伊織 竜星涼

主人公、北原伊織を演じるのは竜星涼です。 代表作は2013年の『獣電戦隊キョウリュウジャー』の桐生ダイゴ/キョウリュウレッドや連続テレビ小説「ひよっこ」や2「同期のさくら」等が有名です。

「ぐらんぶる」の出演オファーを受けた時は、思い描いていたキャンパスライフとは違かったものの、裸の先輩と相棒に会えたと話ています。

本院曰く、「キラキラな青春映画です」との事。 どこがキラキラかは劇場でんもお楽しみに!

今村耕平 犬飼貴丈

 

ひょんなことから、伊織とダイビングサークルに入る事になる、イケメンオタクを犬飼貴丈が演じます。

代表作は、『仮面ライダービルド』『獣になれない私たち』連続テレビ小説『なつぞら』があげられます。

もともと漫画やアニメにかかわった作品に出演したかったようで、撮影はほぼ裸だったようですが、「ぐらんぶる」の出演はとてもうれしく思っているそうです。

個性的なイケメンオタクの耕平をどのように演じてくれるのか、とても楽しみです。

古手川千紗 与田裕希

主人公伊織のいとこで、美少女でありながらクーデレな大学生、千沙を演じるのは乃木坂46の与田裕希が演じます。

女優デビューは、漫画原作のドラマ「モブサイコ」が初で、今年3月には写真集を発売づる等、多方面の活躍をしている注目の女優です。

「ぐらんぶる」出演に関しては、「ファンの皆様には多大なる心配をおかけしていると思いますが、私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません。なので、安心して劇場にお越しください」との事。



 

古手川奈々華 朝比奈彩

 

千沙の姉でありながら、重度のシスコンの奈々華を演じるのはモデルの朝比奈彩です。本人曰く、「バカだけど何事にも全力で楽しんでいる。素敵な響きですが全て、裸です(笑)。声を出して笑える映画になっていますので、学生時代の懐かしさやこんな学生生活を送りたかった、と思うような気持ちで見てもらいたいです」とコメント。

浜岡梓 小倉優香

浜岡梓は、サークルの一員ですが女子大学の3年生です。 容姿淡麗、スタイル抜群のポテンシャルを持つ女性ですが、野球拳に参加する等、男顔負けのノリの良さを持つ魅力的なキャラクターです。

そんな浜岡梓を演じるのは、グラビアイドルの小倉優香です。8頭身の抜群のプロポーションから「リアル峰富士子」の異名を持つ小倉はグラビアだけでなく、ドラマや映画の出演しています。

小倉自身は、「ぐらんぶる」の出演に対して「「私が演じた梓は、カラっと明るい魅力をもっていて私自身も憧れるような女性です。きっと裸の男ばかりの中で一筋の希望になると思います!」

吉原愛菜 石川恋

梓の同じ女子大の後輩である1年生の吉原愛菜を演じるのは、石川恋です。
吉原愛菜は大学デビューを狙って、ケバイ化粧をした結果「ケバ子」というあだ名がついてしまいました。

そんな吉原愛菜を演じる石川恋は、モデル業を主にしていますが女優業にも力を入れています。

漫画では、衝撃だったあの化粧をどう再現するのか、楽しみです。

 

あらすじ

主人公の北原伊織は、伊豆大学進学を機におじの経営する「GRAND BLUE(グランブルー)」ダイビングショップに下宿してきました。

綺麗な海、いとこの美人兄弟とのキラキラのキャンパスライフを満喫するつもりでした。
ですが、伊織が入ったのは男ばかりでほぼ飲み会ばかりのサークルの「Peek a Boo(ピーカブー)」でした。

美形だけど、喫水のアニメオタクの耕平と出会い、酒8割ダイビング2割のほぼ裸のキャンパスライフが始まる!!

かつては普通の大学生だった伊織は、このダイビングサークルに出会った事によりどんどん暴動していく様に要注目!!

ネタバレ

公開次第、追記していきます!!

感想

感想も映画公開次第、追記していきます。