その他

辻正信は人肉を食べた?最期はどうなった?

この記事は、「辻正信は人肉を食べた?最期はどうなった?」といった内容の記事になりmす。

辻正信は明治時代に生きた軍人で「作戦の神様」「軍の神様」と讃えられた人でもあります。

でうが、現場での独善的な指導や、部下への責任押し付けや自決の強要、戦後の戦犯追及からの逃亡などへの批判がある人でもあります。

辻正信は人肉を食べた?

辻正信が人肉を食べたのかどうかに関しては、正確な情報が無かったです。

ですが当時の 日本軍は、実際に占有屋捕虜を飢えからしのぐために食べたという実話もあるそうでうす。

辻正信自身も、「日本軍は米軍パイロットを食べ、肝臓は士官が食べた。」と話していたそうです。

====================

今日の中央日報の韓国版の記事を紹介しておこう最悪の日本軍人肉事件··青年ブッシュ、犠牲者になるところだったチェインテク中央日報国際専門記者日本軍が遊びで米軍捕虜を打つ殺し臓器を摘出して酒の席で焼いておつまみに分け食べた残酷な人肉事件

====================

辻正信の最期とは?

辻正信の最期に関してですが、日本軍が敗戦後、数年間を国内外で過ごしたそうです。

そこで書いた「戦記」という本が、ベストセラーとなりました。

その後は政治家に転身し衆議院議員(4期)、参議院議員(1期)を歴任しました。
参議院議員在任中の1961年(昭和36年)4月に視察先だったのラオスで行方不明になり、1968年7月20日に死亡宣告がされました。

辻正信に対するTwitterのコメント

===============

『失敗の本質』再読してるけど、最初のノモンハン事件からウンザリ・ソ連の兵力を見くびる辻正信・やる気だけはあるが戦いの目的を考えてない辻正信・それに引きずられる関東軍・独断専行して褒められないとキレる辻正信・現場の指揮官だけ処分され生き延びる辻正信辻正信、現代日本にも多そう

===============

ノモンハン事件の辻正信、インパール作戦の牟田口廉也がそんな感じです。空気をつくりだす人間に弱いタテ社会。

===============

毎回、出て来る辻正信。 本当、他に人がおらんかったのか、陸軍。 辻正信は、好きになった人には徹底的に尽くし、甘えさせるが、嫌いになった人や馬鹿だこいつはと思った人には徹底的に辛く当たるという、ある種の典型的な人なんだよな。

===============

かなり、マイナスな意見が多いですね。。。

軍人だけの目で見たら、優秀だったかもしれませんが、人間としては褒めにくい人だったかもしれませんね。。

 

 

辻正信は人肉を食べた?最期はどうなった?のまとめ

辻正信は人肉を食べた?最期はどうなった?の記事はこれで終わりです。