テレビ番組

ダイアナ妃の事故の真相とは?? 暗殺?? 本物の事故写真と共に考察!

こんばんは、今回はワールド極限ミステリーにて、ダイアナ妃について取り上げられるという事で今回はダイアナ姫について書いた記事になります。

ダイアナ妃のプロフィール

ウェールズ公妃ダイアナDiana, Princess of Wales、全名: ダイアナ・フランセスDiana Frances)、旧姓: スペンサーSpencer)、1961年7月1日 – 1997年8月31日)は、イギリスの第1位王位継承権者ウェールズ公チャールズの最初の妃。

イギリスの名門貴族スペンサー伯爵家の令嬢として生まれ、1981年にチャールズ王太子と結婚、彼との間にケンブリッジ公ウィリアム王子(第2位王位継承権者)およびサセックス公ヘンリー王子(第6位王位継承権者)の2児をもうけた。しかし後にチャールズ王太子と別居状態になり、1996年に離婚。1997年パリ交通事故による不慮の死を遂げた。

参照 ウィキペディア

名門のおうちに生まれ、後にチャールズ王子結婚、この先も華やかな生活を送ると思われましたが、事故により他界しました。

表向きでは、交通事故という形で丸め込まれましたが、真相がはっきりしておらず未だ様々な考察が飛び交ってます。



ダイアナ姫の事故の真相は??本物の写真と解説!

乗っていた車が悪かった??

ダイアナ妃が乗っていたベンツの事故車

 

こちらは事故直後に撮影された本物の写真になります。

見た通り大破していますね。 交通事故の衝撃の凄まじさを物語ってます。

ダイアナ姫は、当初パパラッチから逃れる生活を強いられていました。

事故当時もしつこくパパラッチから、追いかけまわされたようでベン当時の運転手はパパラッチから逃れるために急いで走行し、原因になりトンネル内でトラックに衝突して交通事故に至ってます。事故当時ダイアナ姫は事故の衝撃により内蔵が大きく損傷していたそうです。

当時乗車していたのは、映画プロデューサーのドディ・アルファイド本人とボディーガード、ダイアナ姫本人と、運転手の4人だったそうです

 

ダイアナ妃の事故は暗殺説???

ネット上では、「ダイアナ姫は暗殺された」という噂が流れていますが、本当なのでしょうか??

暗殺説が出回ったのは、ダイアナ妃本人が死の10か月前に書いた手紙が発端のようです。

その手紙の内容は、ダイアナ姫自身が誰かの策略によって仕組まれた事故により命を落とすという予言めいた内容です。

そして驚愕なのが、自分の死をのぞんでいたのはチャールズ皇太子という事

事件には、いまだ解明されてな点が多くもともと事件には不可解な点が多く、「当時飲酒していたドライバーをなぜ止めなかったのか?」 「事故当初そばを走っていた車が一切発見されてなかった」等、腑に落ちない点が多数存在している点からイギリス内では異議を唱える人々がいました。

事故後すぐはダイアナ妃は生存していた!!

 

ダイアナ妃の交通事故の様子として、すぐに亡くなったというわけではなかったようです。

事故直後のダイアナ妃はまだ生存をしており、駆けつけた1人のパパラッチが救急車を呼んで、病院に搬送されたと言います。

事故当初、ダイアナ妃は「oh,my good」とひたすら言っていたようです。

悲惨ですね。



まとめ

今回は無きダイアナ姫の真相を写真付きでに解説していました。

いまだ謎の多い事件ですが、いつしか全ての謎が解明される事は来るのでしょうか。